生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、自動車保険、ペット保険、旅行保険:あらゆる保険を取り扱う保険の百貨店

保険の百貨店

保険の百貨店 無料相談予約フォーム
  • CLICK MENU
  • あなたにピッタリの保険は?
  • 生命保険
  • 医療保険
  • ガン保険
  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険
  • 旅行保険
  • ホームへ戻る
無料相談

保険の百貨店の保険コンサルタントがお客様のご要望先(ご自宅等)まで無料でお伺いいたします。ご要望であれば通信販売でのお申込も可能です。

保険の百貨店 無料相談予約フォーム
資料請求
0120-853-984

ガン保険

癌を対象にした公的医療保険の補完的存在。

がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。
保険業法上は第三分野保険に分類される。
脳卒中や心筋梗塞を対象とした保険とともに特定疾病保険と呼ばれることもある。

ガン保険の特徴

日本では国民皆保険であり、大多数の癌治療は国民健康保険に代表される公的医療保険により行われる。従って、民間によるがん保険の役割は公的医療保険の補完的なものとなる。公的医療保険が定める自己負担分の補填、通院のための交通費や入院中の差額ベッド代の補填、また休職等による収入の損失の補填、さらには診断に対する「見舞い金」名目などが給付の趣旨となる。日本の公的医療保険では、高額療養費の支給により高額医療における患者自己負担額の上限は大幅に抑制(一例として、住民税非課税者の実質自己負担額は最大で月額35,400円を超えない)されており、「民間医療に未加入のために、標準的な癌治療が受けられない」、もしくは「癌治療のために破産する」といった米国などの状況とは異なる。

保険の百貨店のコンサルタントがあなたの保険内容を無料でチェックします。

保険見直し無料相談予約